【4巡め】区切り打ち第11回

【4巡め第11回】2019(R1)年12月上旬
愛媛県今治市菊間町~西条市小松町 約70km 2日間
・国分寺~横峰寺:白滝奥之院経由
・横峰寺~香園寺:白滝奥之院経由
<参拝札所>54番「延命寺」~62番「宝寿寺」

「宝寿寺」は納経時間の独自設定などで問題となっていましたが、四国八十八ヶ所霊場会に復帰することが決まっているらしく、他の札所と同様に別料金であった御影札が納経帳へのお納経料金に含まれるようになっていました。また、現在配布中の御詠歌札もいただけました。
正式復帰は12月16日(月)からのようで、それまでは第61番札所の第2駐車場に設けられた第62番札所「礼拝所」の開設は継続されるものと思われます。

(その他詳しい状況は後日加筆します。)

【4巡め】区切り打ち第10回

【4巡め第10回】2019(R1)年11月下旬
愛媛県久万高原町久万~今治市菊間町 約77km 2日間
・大宝寺~岩屋寺:峠御堂(とうのみどう)遍路道、八丁坂遍路道
・石手寺~太山寺:三津浜(故へんろみち保存協力会宮崎建樹氏宅付近)経由
<参拝札所>46番「浄瑠璃寺」~53番「円明寺」

(詳しい状況は後日加筆します。)

【4巡め】区切り打ち第8回

【4巡め第8回】2019(R1)年11月中下旬
高知県宿毛市駅前町~愛媛県内子町内子 約123km 3日間
・宿毛~観自在寺:松尾峠遍路道
・観自在寺~龍光寺:柏坂遍路道、松尾峠遍路道
・仏木寺~明石寺:歯長峠遍路道
・明石寺~内子:鳥坂峠遍路道
<参拝札所>40番「観自在寺」~43番「明石寺」

(詳しい状況は後日加筆します。)

【4巡め】区切り打ち第7回

【4巡め第7回】2019(R1)年11月中旬
高知県黒潮町入野~宿毛市駅前町 約117km 3日間
<参拝札所>38番「金剛福寺」~39番「延光寺」

秋になって集中してお遍路に取り組むつもりが、なかなか都合が付かず…
行けても短期…
体も本調子ではなくて距離も稼げず…
ということでしたが、4巡めもやっと半分まで来ました!(残り約600km)

(詳しい状況は後日加筆します。)

【4巡め】ゼッケンのデザイン変更

走り遍路で出会う人たちに、私がどんな遍路をしているのか一目でわかってもらうために、体の前と後ろにゼッケンを付けています。(自転車やバイクに「全国一周中」と貼って旅している人と同じ感じです)

これまでのゼッケン

これまで、前と後ろのゼッケンは大きめの同じものを付けていましたが、「レース(大会)しているのですか?」とよく聞かれるため、ゼッケンのデザインをレース中と見られないようなシンプルな小ぶりなものにし、後ろゼッケンだけにしました。これで、仰々しさも抑えられます!

新ゼッケン!

でも、全体の雰囲気で相変わらず「レースしているのですか?」と聞かれそう。

【4巡め】走り遍路再開にあたって

このところ、4巡めの走り遍路が思うようにできませんでしたが、ようやく再開できることになりましたので、秋からの始動に備えて準備します。

走ってお遍路をしていると、行く先々の方々から驚きの反応があり、そして応援をいただきます。その応援が大きな励みとなって今に至ります。

マラソン大会に出場した際、沿道から多くの応援をもらいますが、当初、自分が好きでやっているだけなのに何でこんなに応援してくれるのか不思議に思っていました。元気に走ることで、見る方に元気を与え、元気(応援)を返してくれ、みんなが元気になる。そんな効果が走ることにはあるように思います。

今では、お遍路さんや遍路にかかわる地域の方々をもっと元気づけたり、喜んでもらえたりするためにどうしたらよいか、また、お遍路のイメージアップに貢献するにはどうしたらよいかなどをよく考えています。

四国遍路は取り組み方次第で人生修行の場となり得ます。
このやり方でなければダメだということはありません。自分らしいお遍路のやり方を見つけることで自分が輝き、自分らしい生き方を見つけることに結びつくのではないかと感じています。
思いをぶつければ、その分返ってくるものがあります。そんな実践・実証の場です。

人生即遍路