6巡目レポート集

6巡目レポート集 6巡目

概要

愛媛県松山市の中心観光地・道後温泉からの順打ち(四国を時計回り)
四国別格20霊場のみの区切り遍路、車中泊
【期間】令和3(2021)年10月 ~(現在進行中)

6巡目の遍路方針はこれまでと同様、走りながら楽しくお遍路することに変わりません。
また、頭で考えた計画にとらわれるのではなく、導かれるままに身を委ねるお遍路とします。焦ると自分を見失うこととなり、導かれるままも感じられなくなるため、気持ちが先へ急がないようにします。そして、走ることで得られる時間の余裕を有意義に使います。
なお車中泊だと、毎日のスタート・ゴール間のクルマの回送が必要となりますので、一日の行動時間がどうしても短くなります。

● 6巡目は訳があって四国別格20霊場のみを巡ります。その訳とは、ある別格霊場のご住職から「別格20霊場だけを回ったらいいのです。別格なのだから…」と言われ、他の訳とも関連して真(ま)に受けようと思ったためです。他の訳とは、前回5巡目のときに二人の別格20霊場だけを歩き遍路している方に出会ったからです。しかも、うち一人は逆打ちです。これには驚きました!別格霊場だけを巡るルートに逆打ちの困難性は元から無いとは思いますが、逆打ちをするという発想がおもしろいと思いました。私としては、別格20霊場だと高知県は1霊場しかなく、あまりに間が空いてしまうことと、室戸岬方面と足摺岬方面に霊場が無いことから、四国“遍(あまね)く”の四国遍路とは言い難いと感じていました。でも、そこのところは、自分の足で四国別格20霊場だけを巡るという稀有な経験もしておきたいとの思いに至りました。
● 四国別格20霊場会は、四国霊場が開創1200年(2014年時点)とされる中で、1968年(昭43)に創設されたようです。創設の頃に勢いがあったお寺だと言えますので、今でも場所や建物が幽玄で地域の主要観光資源だったり、地域活動等に熱心だったりするお寺が多いと思われました。また勝手な想像ですが、弘法大師にゆかりが深くても地理的に辺ぴ過ぎて八十八ヶ所には含まれない歴史もあるのではないかと思わせるお寺もありました。これらを考えると別格20霊場を四国遍路の際に含めて参拝する価値は十分あると思います。なお、八十八ヶ所霊場と合わせると煩悩の数である108となります。前回5巡目でこの108ヶ所を巡りましたが、なるほどカラダの煩悩にとらわれることが無くなってきた気もします…

レポート一覧

※ 未作成です。

NOT FOUND

投稿が見つかりませんでした。