5巡目

(メモ) 60番横峰寺と奥の院「星ヶ森」

令和3年4月下旬、5巡目の60番横峰寺参拝にして初めて、奥の院「星ヶ森」を訪れました。霊峰・石鎚山の眺望がすばらしいことを知らなかったのです…

弘法大師が横峰寺で厄除けと開運祈願の星供養を修法されたといわれています。本堂前に「星供大師」の像があります。その関連の修行を星ヶ森で行ったのでしょうか。

星ヶ森は、横峰寺の山門から580m上がったところにあり、車両用林道(未舗装路)を通っていくので難はありません。眺望が最高で、目の前に石鎚山がバーン!!と現れます。
雨が降ってなくても、雲や霧がかかっていることが結構あるそうですが、当日は雲一つない晴天で、石鎚山をばっちり拝むことができました。とても幸せでした!
今後は天候が悪くない限り、毎回、星ヶ森にも行こうと心に決めました。

今回、別格10番興隆寺と別格11番生木地蔵を参拝したのち、13時頃にR11大頭交差点から横峰寺へ上がり始めました。行きは湯浪休憩所経由で、帰りは「白滝」(61番香園寺奥の院)経由で下りました。
なお、横峰寺への参拝に際しては、朝から向かうことができようにスケジュール調整される歩き遍路さんが多い様に思われます。

石鈇山 福智院 横峰寺 – (一社)四国八十八ヶ所霊場会