へんろ道について思うこと

(注)過去に投稿した内容を上書き修正しました。

幹線道路のへんろ道は、できれば通りたくありません!
特にきちんと区分けされた歩道が整備されていない道路では危ない思いをします。
● 減速しない・歩車間隔を取らないなど、交通弱者への思いやりが欠けたドライバーが存在します。
● スマホ、カーナビ、カーテレビなど、車の中にある機器がよそ見を助長するものとなっています。

市街地以外では道路を歩く人も少ないし、歩道が良くなることを期待するのは財政事情からも難しいと思います。今のままでもドライバーのマナーが向上すれば、問題はかなり改善されますが、歩道の整備にしろ、ドライバーのマナー向上にしろ、すぐには改善が見込めません。

すぐに取れる対策としては、危険な道を避けることです。
八十八ヶ所を巡る中で次の札所に向けてさらに心身を清らかにしていくことが遍路修行だと私は思っています。自分が穢れて(気枯れて)しまうような危険な道路は、この観点からも避けた方が良いように感じます。

お遍路さんの数もだんだん減少してきているようです。手入れの行き届かない山道のへんろ道はいずれや廃れる可能性もあります。
へんろ道とされているところにこだわらず、また遠回りをいとわず、状況に応じて自分が適当と思う道を選択することも必要だと思います。

なお、私は当初、ガイドブックのルートにしたがうことがお遍路だと思っていました。走りだと進行が速いのでちょこちょこマップを確認しなければいけません。そうしたら、お遍路の風景が記憶にはっきり残らないことに気が付きました。地形や、昔や現代の道しるべなどでルートが見えてくることもあります。しっかり顔を上げて自分の感覚を働かせたり、地元の人にも尋ねたりして土地々々の地理を肌で感じながらお遍路することが大切だと痛感しています。