区切り遍路について思うこと

(注)過去に投稿した内容を上書き修正しました。

区切り遍路はその都度日常モードから修行モードへの切り替えに心身を慣らすために、いつもしんどい思いをします。
お遍路中は煩悩を滅するためにできるだけ頭を働かさず、心を働かせるように心掛けますが、特に初日は日常のことが頭に次々と湧き出てきます。日ごとに収まってきますが、区切り遍路を行うたびにこのような期間がありますので、何かもったいないです。

なお体力的には、日ごとに疲労が溜まってくるはずですが、不思議なことにエネルギーが満ちていくように感じます。帰宅したらどっと疲れが出ますので、単に気が張っているだけでしょうか?