お遍路の手段について私の思うこと(一本歯下駄遍路)

走り遍路の今後の展開について、考えることがあります。
1巡めはシンプルに、2巡めはキャンプ道具を載せたベビーカーを押しながら走り遍路してみました。
次は、一本歯下駄かな!? と思い、街なかでデモンストレーションしてみました!
一本歯高下駄で走ってみせると、周囲の反応は上々です 笑

お遍路にはこのような楽しみ方もあるというように、お遍路のイメージアップに面白いかなと思いましたが、危なっかしいと受け止められると本意ではないので、慎重に検討していきたいと思います。

要は、お遍路には「自分らしく自分のやりたいようにやれる自由さもある」ということを知ってもらいたいです!!

一本歯下駄遍路デモストレーション

一本歯下駄遍路デモストレーション

ちなみに、毎年6月上旬に開催される愛媛県佐田岬のウォーキング大会にボランティアスタッフとして例年参加しています。一本歯高下駄で46.5kmを制限時間の10時間のペースで歩き通しています。私に抜かれると制限時間内にゴールできないという目印になっている役柄、目立つ格好にしなければならないと思い、自主的にここまでになってしまいました。好評を博して普通の靴履きに戻れない状況となっています。

一本歯高下駄で制限時間ペースメーカー

 

コースマップ