このサイトは走り遍路の模様をお伝えします。

◆当面の目標◆
歩き、マイカー、バスツアーなど、どんな手段でも構わないのですが、四国遍路を4巡すれば四国八十八ヶ所霊場会公認の先達の資格を得ることができます。四国八十八ヶ所霊場会所属寺院を通じて先達申請し、研修を受けて資格を得ます。
今年中の資格取得に向けて、8月上旬までに4巡めを結願させたいです。

◆お知らせ◆
・トップページ画像の走り遍路進行状況マップを改めました。走り遍路で通過する自治体がわかりやすくなっています

4巡め第2回の区切り打ち遍路

■今回の区切り遍路区間
 徳島県吉野川市鴨島町~高知県室戸市佐喜浜 約184km 5日間
 参拝札所:11番藤井寺~23番薬王寺 13ヶ寺

浄蓮庵の大師像

焼山寺へ登山途中の大師像(浄蓮庵)


 
2018(H30)年9月下旬に走り遍路をしました。1月以来です。
山道を走るのも久しぶりだったので、12番焼山寺コース(11~16番)の翌日にひどい筋肉痛に見舞われました。
でも、そのうち体も慣れて、筋肉痛も引いてくるだろうと安易に考えていました。

さらに、20番鶴林寺と21番太龍寺の山岳コースを巡拝したところ、筋肉痛はひどくなる一方です。連日筋肉に負担を掛け続けている中で、「慣れてくるだろう」という発想がそもそもおかしいことでした。平地でさえも、まともに走れません。辛さで顔つきがしかめっ面になり、心も穏やかさを失いつつあります。

お遍路は同行二人でお大師さんとともにいるとの意識をもって凛としていなければいけないと思いますし、また走り遍路はお遍路のイメージアップも目的としていますので、これではダメです。
その日のコースの運動強度に応じた適切な距離設定や十分な睡眠・滋養が大切です。
もっと先へ進む計画でしたが、疲労困ぱいにより今回の走り遍路を中断することにしました。(歩いてなら続けられますが…) 次回以降、日々満足な走り遍路ができるよう出直します!

と、反省しきりですが、やっぱりお遍路はイイですね!!
反省点は改善点です。新たな経験で自分を改善することができます。

PS.
遍路後もなかなか疲れがとれませんでした。
食べ物の消化が走りに影響を及ぼすので、走り遍路中はあまり食料を取りません。12番焼山寺に登った日は途中でまったく食料をとらず自販機のコーラ(4本)で済ませました。その晩気分が悪くなりました 笑
こんなことが疲労を募らせたかもしれません。やっぱり食べないといけませんね。

潜水橋(鮎喰川)

焼山寺からの下りの潜水橋(鮎喰川)

お遍路の手段について私の思うこと(一本歯下駄遍路)

走り遍路の今後の展開について、考えることがあります。
1巡めはシンプルに、2巡めはキャンプ道具を載せたベビーカーを押しながら走り遍路してみました。
次は、一本歯下駄かな!? と思い、街なかでデモンストレーションしてみました!
一本歯高下駄で走ってみせると、周囲の反応は上々です 笑

お遍路にはこのような楽しみ方もあるというように、お遍路のイメージアップに面白いかなと思いましたが、危なっかしいと受け止められると本意ではないので、慎重に検討していきたいと思います。

要は、お遍路には「自分らしく自分のやりたいようにやれる自由さもある」ということを知ってもらいたいです!!

一本歯下駄遍路デモストレーション

一本歯下駄遍路デモントレーション